スピーカーに対するこだわり

音響特性に優れたスピーカーって、選ぶの非常に難しいです。大きくて高いスピーカーを選べばよいっていうわけではありませんからね。勿論、データ上は、それで問題ないわけですけどね。再生できるHZやDB等の指標はよくても、実際に体感でどう聞こえるかは、また別というのも事実なのです。はっきり言っちゃうと、日本の狭い住宅事情では、2ウエイ小型スピーカーが、合うように思います。3ウエイのスピーカーは、かつて主流でした。オンキョーやダイヤトーンで最も売れていたモデルもやはり3ウエイでした。しかし、ビクターが、2ウエイで大ヒットさせると、オンキョーやダイヤトーン等の他メーカーも2ウエィに力を入れるようになりました。外国のスピーカーメーカーは、昔から小型2ウエィモデルを扱っていましたが、国内メーカーの参入は、後発的です。どうしてもデータ上、3ウエィに比べ劣ってしまいますからね。最近は、スピーカーの材質も音に対してだけでなく、高級感やインテリアとしての影響も考慮されるようになりました。マガホニーなんか高級家具に用いられる材質ですが、スピーカーにも採用され大人気です。