音響は配置が何より大事です

劇場などの音響というのはしっかりとどのようなもので行われているのかというのがかなり重要になってきます。アンプと呼ばれるものによってしっかりと音を増幅させていただくということが行われているわけですが、これは音によって動いてしまうということがありできるだけしっかりと固定をするか或いは無反動にする、ということによって、音を非常に美しくすることができるようになっています。音響ということからもわかるように、響くということが重要であり、音というのは反射することになりますからそれによってさらに臨場感がある音にすることができるようになります。どうしてもコンサート会場などでは開放型になってしまうということになりますから音響は弾くように後ろにもどうしても設備を設置したいところですが、実はそれはそんなによくないです。何故かといいますとそうなると臨場感がないからです。前から音がくるから格好がよいからであり、後ろから出すとよくないのです。